三厩駅 無人化

 

 津軽線の終着駅、三厩駅。この駅からは町営バスが運行されていて、青函トンネル記念館へアクセスすることも可能です。そんな三厩駅ですが、2019/06/01に無人化され、それに先立って4月末に運転業務取扱とその合間に行われていた出札業務も終了しました。

f:id:goronto_akebono:20190915012222j:plain

私が三厩駅を訪れた2014年はまだPOS端末の置かれた窓口が開いており、津軽線末端区間の運用は盛岡支社のキハ40(まさかの非冷房車)が担当していました。2019年現在は秋田支社の主に五能線で使用されているキハ40系、キハ48系が使用され、盛岡支社のキハ40はすでに引退しています。

f:id:goronto_akebono:20190915012252j:plain

その時に記念に買い求めた入場券です。昼過ぎの発券ですが、左下の発券番号が0001-01となっており、その日最初の販売だったのかもしれません。

本数の少ない盲腸線の終着駅ならではな、ゆっくりとした時間が駅待合室にも流れていたことを覚えています。

たまたま、臨時扱いになっていた北斗星の最終運転日に三厩にいたため、もし寝台券のキャンセルがあれば蟹田から「スーパー白鳥」に飛び乗り、函館から一路上野に向かおうと窓口で空席照会をお願いしましたが、案の定満席。残念ながら手元にある三厩駅で発券されたきっぷはこの入場券のみとなってしまいました。

東京メトロ24時間券 (1日乗車券)

都心の移動に何かと便利な地下鉄。その運営主体は東京メトロ都営地下鉄(東京都交通局)な2社局ありますが、今回は東京メトロにまつわるきっぷを取り上げます。

 

何も考えずに乗車駅から降車駅まで利用することももちろんできますが、何度も乗り降りする場合などは一日乗車券、24時間券を購入してしまったほうがよい場合もあります。

f:id:goronto_akebono:20190901143022j:plain

利用開始日当日に券売機で購入すると縦長の85mm券で、エドモントン券と同じ東京メトロのマークが地紋として印字された巻紙に印字されて発券されています。東京メトロの券売機が設置されている駅であればほぼ確実に購入できると思われます。

 

f:id:goronto_akebono:20190710004032j:plain

 同じ効力を持つ24時間券ですが、主要駅にある定期券うりばなどで販売されている前売り券は別の券が用意されています。東京の観光名所を背景に、その下を銀座線1000系が走っているデザインです。名所の下に車両を配しているところが「地下鉄」らしさでしょうか。

 

 発売価格は2019年9月現在600円で、3,4回東京メトロの改札を出入りすることが事前にわかっているなら、その都度運賃を支払うよりも24時間券を購入したほうが割安になる計算です。そして、この24時間券とそれに相当する乗車券を「チカトク」表示のある飲食店などで提示すると割引などのサービスを受けられる特典もあります。600円で得られる東京めぐりの強い味方と言えると思います。

 

きらきらしらかみリレー (きらきらうえつ 秋田延長運転)

 

 2019年9月をもって運転終了が発表されている「きらきらうえつ」。18きっぷシーズンには指定券1枚確保できれば格安で新潟-酒田を移動できるとあって、観光以外にも長距離移動を目的とする乗車も多いようです。また、このところはいわゆる「おなごり乗車」の熱も帯びてきている頃かと思います。

 基本的には羽越本線の新潟-酒田を土休日を中心に走っていますが、まれに羽後本荘、秋田へと運転区間が延長され、秋田への延長運転の時には秋田から五能線を走り弘前、青森へと向かう「リゾートしらかみ」4号との接続を考慮した「きらきらしらかみリレー」としても運転されます。

 

f:id:goronto_akebono:20190710004740j:plain

f:id:goronto_akebono:20190710004806j:plain

「きらきらしらかみリレー」として運転された際の指定席券と乗車記念証です。きっぷに記載の列車名や駅の発車案内板では「きらきらうえつ」となっていて、「しらかみリレー」と明記されているものはこの乗車証だけでした。乗車証は酒田-秋田の間でしか配布されなかったようです。

 

f:id:goronto_akebono:20190817174504j:plain

中途半端な区間になってしまっていますが、この指定券は「きらきらうえつ」が羽後本荘まで延長運転された時のものです。羽後本荘駅では駅係員による見送りのほかに、地元の方々が名産品の「ごてんまり」を配っていました。このところ、観光列車が運転される際に行われることの多くなってきた地元の皆さんによる「おもてなし」イベント。ただ列車に乗って通り過ぎてしまいがちな鉄道ファンとしては、その土地土地の名産や特徴を知ることが出来、ひいては再訪のきっかけとして有用なのではないかと思うのですが、費用対効果のほどはいかに…。

 

運転終了が発表されている「きらきらうえつ」。日本海沿岸の「食」がテーマになっている「海里」がその後継を担うことになるようですが、果たして秋田県へ足を踏み入れてくれるのでしょうか。

 

日付から「 入 鋏 済 」へ

 有人改札や車内検札などで押されることの多い丸形のスタンプ。青春18きっぷなどでは使用開始時に押印してもらう必要があるので、鉄分の濃い方々にはおなじみのこのスタンプには「スタンパー」、「チケッター」など様々な呼称があるようですが、JR東日本でこのスタンプに4月から起きた変化を取り上げてみます。

 

f:id:goronto_akebono:20190618002540j:plain

 今までのスタンパーは日付とスタンプを押した乗務員が所属している運転区が記されていました。いつからこのスタイルなのかはっきりとわかりませんが、少なくともここ10年ほどはこのスタイルが続いたのではないかと思います。手持ちのきっぷでは2012年1月にはこのタイプのスタンパーが使われていました。

 

f:id:goronto_akebono:20190618002546j:plain

 新しいバージョンがこちら。日付の部分が「入鋏済」に変更されています。日付の部分を毎日交換せずに済むので省力化の一環なのかもしれませんが、数字よりも一回り大きく感じられる漢字3文字がなかなかインパクトを与えています。4月から順次変更されているようですが、支社、運輸区、運転所により対応の早さがまちまちなようで、ツイッターなどで見ていると、いまだに日付が印字されるスタンパーを使用している場合もあるようです。

 この新しい「スタンパー」の場合、入鋏したのが何日なのかわからないため、「青春18きっぷ」など、利用開始日を明確にする必要のあるきっぷに押印する場合にはこの「入鋏済」スタンプに加えて乗務員、駅員が手書きで日付を書き加える対応をとるそうです。なんだか手間が増えているような……。

 

 

f:id:goronto_akebono:20190702230409j:plain

 また、「入鋏済」への変化とはあまり関連はありませんが、湘南新宿ラインなどの普通列車グリーン車に乗務しているグリーンアテンダントが押印するスタンパーに変化がありました。従来は「NRE〇〇」と表示されていましたが、先日押印されたスタンプには「新宿GAC」となっていました。GACが何の略なにかはわかりませんが、下請け体制の変更などがあったのでしょうか。NRE時代は「〇〇」の部分が上野や新宿、大船など様々な種類がありましたが、GAC体制に移行後はどんな種類があるのかも気になります。

 グリーン券をわざわざ「みどりの窓口」で求めずにSuicaを利用したり、使用済みのきっぷ類を持ち帰らずに自動改札機に投入するであろう世の中の大部分の人はあまり興味を示さない部分かと思いますが、今回はきっぷが実際に使用されたことを示す証拠として押される小さなハンコに起きたを取り上げてみました。

 

一周乗車券

 日本各地にある「みどりの窓口」や「指定席券売機(みどりの券売機など各種名称あり)」で乗車券を求めると、発駅→着駅の形で印字された乗車券が発行されます。オーソドックスな移動をするのであれば、「滝川→札幌」などのように発駅と着駅が異なる場合がほとんどかと思いますが、経路を工夫(?)すれば発駅と着駅を同一となる場合もあります。ここではそういったものを「一周乗車券」と称することとします。

 

f:id:goronto_akebono:20190518175456j:plain

「一周乗車券」の一例です。経路は経由に印字の通りで

中央本線-(甲府)-身延線-(富士)-東海道線です。

営業距離が100kmを超えるので途中下車が可能、200kmも超えているので発着駅が「東京都区内」となっています。

JRの運賃は、距離が長ければ長いほど1km当たりの運賃が安くなる長距離逓減性を採用しているため、こうした「一周乗車券」+経路から飛び出す分を別購入としたほうが、乗車する順番通りの乗車券を別々に用意するよりも安くなる場合があります。

なお、この乗車券を使用したときは身延線の臨時急行「しだれ桜の里みのぶ」に静岡まで乗車したため、富士ー静岡の往復乗車券を買い足しています。この乗車券の経路に含まれないはずの「静岡」の下車印が押印されているのはそのためです。

 

 北陸新幹線の金沢開業時にJR東海ツアーズが、首都圏から東海道新幹線を利用、米原経由で金沢へ出て、開業したばかりの北陸新幹線を利用。というパックツアーを発売していましたが、これも経路としては「一周乗車券」になるはずです。

ただし、「一周乗車券」は経路が途中で重ならない一筆書きの経路が大前提なので、片道の営業キロが601kmを越えた際に運賃が1割引きになる「往復割引」は適応にならないことは注意点です。

 

f:id:goronto_akebono:20190518175531j:plain

なお、「一周乗車券」 は短距離の乗車券でも要件を満たせば購入することが出来ます。

上の「大阪→大阪」の乗車券は営業キロが100km未満ですので途中下車は出来ず、ただ元いた場所へ戻るだけのきっぷになっています。

個人的にはおおさか東線とそこを走る201系に乗ることが一番の目的で、一周乗車券の利用ができるかは副次的なものだったのですが、結果としては短距離の「一周乗車券」を入手する結果となりました。

定期「はやて」東京乗り入れ終了

2019年3月のダイヤ改正で東京駅を発着する「はやて」の定期運用が終了しました。臨時列車としての出入りは今後もある程度見込まれるでしょうが、E5系投入とそれに伴う「はやぶさ」の愛称適応拡大によって、今後「はやて」の愛称が充てられる列車が爆発的に増えることは考えにくいのではないかと思います。f:id:goronto_akebono:20190504001559j:plain

北へ行けばまだまだ定期列車として名前を見ることのできる列車愛称ですが、東北新幹線八戸開業時に最速達列車の愛称として颯爽と登場した「はやて」の名を日常的に見ることのできる場所は盛岡以北と大きく絞られることになります。  

f:id:goronto_akebono:20190429002224j:plain

そんな「はやて」のきっぷ、えきねっとの「トクだ値30」です。「はやて」の「トクだ値」には「はやぶさ」にはない30%引きの設定があったため、金銭的な面からも時間帯が合えば「はやて」を選んでいました。

その選択のおかげで、今では入手が困難になってしまった東京駅発着の「はやて」のきっぷを手元に残すことが出来ているわけですから、世の中、どのような選択・決断が役に立つかわからないものです。

f:id:goronto_akebono:20190429002906j:plain

そんななかで、深い沼として名高い(?)「入鋏代」の印字のあるきっぷが手元にあったのでご紹介します。新青森から盛岡まで別途乗車券、新幹線特急券を購入の上、盛岡からは「えきねっと トクだ値」のきっぷを併用し、東京駅新幹線口出場時にきっぷの持ち帰りを窓口で希望した際に押印されたものです。

寡聞にしてこの印影が希少なものなのか、はたまたその業界ではありふれたものなのかはわかりませんが、「入鋏代」のある数少ないコレクションなので、今回アップした次第です

f:id:goronto_akebono:20190504001808j:plain

「はやて」乗車後の東京駅到着時に何気なく撮った、東北・上越新幹線ホームの発車案内板です。「MAXとき」と併せて、今後見ることが難しくなる愛称が多く含まれています。何気ない日常の風景も、月日を経るとなかなか見ることのできない風景/光景になる、そんなことをこの写真は教えてくれるように思います。 

スーパーあずさ えきねっとトクだ値

2019年3月のJRダイヤ改正で中央線の特急から「スーパーあずさ」の名が消え、過去帳入りしました。車両もE353系に統一され、全席指定席となるなど大規模な改変となっています。

f:id:goronto_akebono:20190503191821j:plain

スーパーあずさ」の名称よりも一足先に引退したE351系JR東日本では初となる制御式振り子を採用する反面、車体は従来通りの普通鋼で製造されるなど、当初のコンセプトであった「高速化、速達化」を充分に貫き通せなかった部分があったようにも思えますが、黎明期のJR東日本を支えた花型車両であることは間違いないでしょう。振り子式の複雑さが災いしてか、置き換え対象であったはずの189系よりも先に引退してしまったことはデビュー当時はだれも予想していなかったでしょう。

 

そんなE351系の専売特許の感すらあった「スーパーあずさ」と「あずさ」は名称が「あずさ」に統一されたことに加え、JR東日本の「えきねっと」で席数限定で発売されている「トクだ値」にも変化がありました。

f:id:goronto_akebono:20190429004128j:plain

2019年ダイヤ改正前は「トクだ値」が30-35%引きでしたが、現在は乗車日の13日前まで購入可能な「お先にトクだ値」が30%引き、乗車日前日まで購入可能な「トクだ値」は10%引きと細分化され、「トクだ値」に限ってみれば割引率が縮小されています。

写真はダイヤ改正前の「スーパーあずさ」乗車券・特急券です。きっぷをえきねっとで申し込むタイミングに寄りますが、全体的に値上げされている印象がぬぐえません。高速バスへの対抗手段として設定されている割引きっぷで値上げの印象を与えてしまうのは、利用者にそっぽを向かれてしまいそうな気もしますが、新型車両への車両統一を機に特急の全席指定化+有人窓口の削減に熱心な本社の方にはあまり重要なことではないのかもしれません。

 

中央/青梅ライナーの特急格上げと併せ、大きく変化した中央東線優等列車たち。この形態が続くのか、はたまた更なる変化が訪れるのか。高速バスとのシェア争いの行方は?などなど。しばらく話題に事欠かなそうな分野かもしれません。