スーパービュー踊り子 1号車グリーン車

 2020年3月に「サフィール踊り子」としてデビューするE261系と入れ替わる形で運行を終了する「スーパービュー踊り子」とその専用形式として運用についていた251系。引退記念企画なども計画されており、機器の故障などに悩まされながらも、引退前の最後の輝きを放っています。

 アテンダントの乗務を前提とした乗降扉の配置やハイデッキ構造など、現在では実現することの難しい仕様がてんこもりのこの車両は先輩格に当たる185系よりも一足先に引退することになりそうです。

f:id:goronto_akebono:20200207005226j:plain

そんな251系「スーパービュー踊り子」号のデビュー当時は1,2号車はグリーン車、グリーン個室。3ー8号車が普通車指定席、9号車と展望席を除く10号車はグループ利用を想定した普通車指定席(固定式ボックスシート)という構成でした。2002年より実施されたリニューアル工事の際に普通車の座席の換装と9,10号車のボックス席設定を終了し、その際に塗装変更も併せて行われ、現在の姿となっています。

グリーン車については普通車のリニューアルから5年が経った2007年に座席の換装がなされ、定員が減少しています。
f:id:goronto_akebono:20200207005148j:plain

 そんなグリーン車の1号車展望室ですが、運転台から2号車方面を見る形で車内を眺めると写真のような1+2の座席配置となっています。2人掛け座席が海側でA,B席、1人掛けが山側でD席となっており、C席は欠番となっています。運転台側、伊豆急下田方面が1番で、デッキ、東京方が8番と付番されています。

 せっかくのハイデッキ展望席。一番いい眺望が得られる席に座りたいと思うのが人の気持ちのようで、えきねっとなどで空席照会すると最前列1番は埋まっていることが多いようです。1号車1番Aと印字されたこの特急券も「スーパービュー踊り子」が引退してしまうと、思い出の一ページとなってしまうことでしょう。

f:id:goronto_akebono:20200207003939j:plain

個人的な印象ですが、JR東日本グリーン車はこのスーパービュー踊り子などのように幅広の座席、シートピッチを備えた3列仕様があるかと思えば、普通車と一見変わらないような2+2配置を取ることもあり、やや一貫性が無いような印象を受けています。

 「いなほ」に充当されるE653系では普通車からグリーン車への転用改造の結果、グランクラスよりもシートピッチの広いグリーン車というものまであり、形式ごとの違いを楽しむこともできますが、反面、グリーン料金に見合う設備なのか首をかしげたくなるものがあるかもしれないと思うとギャンブル的な要素すら感じます。

 

f:id:goronto_akebono:20200207005124j:plain

まもなく伊東線伊豆急行に訪れる大きな変化の中で静かに歩みを止めて姿を消す251系。

 グリーンアテンダントサービスや1階下のサロンスペースなど、好景気の華やかな雰囲気を今に伝えながら、最後まで走り続けてほしいと願います。

復路専用乗車券 (JR北海道 釧路駅)

 「復路専用乗車券」は利用者が所持している乗車券の経路からはみ出す形で分岐し、折り返して分岐駅まで往復する場合に発売される乗車券です。

手元のJR時刻表では「分岐駅を通過する列車に乗車する場合の特例」に明記されている駅で下車する際が発券の条件かと思います。

 

国鉄時代には様々な駅で発売されていたようですが、現在ではJR北海道の釧路、苫小牧など、ごく限られた駅でしか発売されていないようです。JR東海名古屋駅での名古屋-金山の復路専用乗車券は前出しマルス券に変更になったとの話も聞きます。

 

f:id:goronto_akebono:20200119004206j:plain

釧路駅発行 釧路-東釧路 の復路専用乗車券です。発行年月日以外はすべて印字されている常備券での発売でした。 

f:id:goronto_akebono:20200119004233j:plain

2019年10月の消費増税直前に(夏休みをほぼ費やして)総販入場券とご当地入場券を買い求める旅に出た際に再度購入した復路専用乗車券です。

額面などは変化ありませんが、発行年月日が元号表記から西暦表記へと変更されています。

 

いずれの購入時も窓口で復路専用乗車券の趣味購入を申し出たところ、他に利用客がいないタイミングだったことも幸いしたのか、快く発見に応じてくださいました。

f:id:goronto_akebono:20200202183204j:plain

 簡易委託駅などではない、ターミナル駅で常備券を購入できるのは珍しいと思われますが、実利用が多くあるともなかなか考えにくく、末永く発売されることを願うばかりです。

小田急電鉄 回数券廃止へ

 10枚分の値段で10枚分以上(多くは11枚綴り)の回数を乗車することの出来る「回数券」。大手私鉄を中心に普通回数券のほかに時差回数券、土休日回数券などバリエーションがある場合もありますが、片道普通乗車券の10倍の額面で発売することがほとんどです。

 しかし、小田急電鉄が従来の回数券の発想とは逆の、10枚綴りの企画乗車券を片道普通乗車券の10倍の額面よりも割安に発売する、「小田急チケット10」の発売を発表しました。

プレスリリースの画像を見ると、85mm券で発行される10枚綴りの乗車券のほかに、表紙が付くようで、現行のエドモンソン券タイプからJR各社で発売されている普通回数券に近い形になるようです。実際に自動改札機に投入する券は85mm券のみで、その券面は箱根湯寮クーポンなどと同様に他の企画乗車券に類似した表記となるようです。

 

f:id:goronto_akebono:20200118153107j:plain

現在発売されているエドモンソン券タイプの回数券各種は「小田急チケット10」発売と入れ替わる形で発売終了となり、小児用の時差回数券、土休日回数券に相当する乗車券は設定されないことになります。 

 

参考までに、きっぷのストックを漁ってみたところ、小田急の回数券の中で一番古いものは平成12年(2000年)発売の普通回数券がありました。有効期限や発行個所の印字場所が左右で逆転していますが、表記されている内容は大差ないようです。

f:id:goronto_akebono:20200118152927j:plain

 

参考までにJRで現在発売されている普通回数券の表紙と券面も載せておきます。

払い戻しなどの際に必要な【表紙】は120mm券、自動改札機にも投入可能で実際に「きっぷ」として使用する券は85mm券となっています。

f:id:goronto_akebono:20200118153621j:plain

f:id:goronto_akebono:20200118153643j:plain

JRの旅客営業規則でも回数券を払い戻すときのほかに、使用する際にも【表紙】の携行が求められているようですが、形骸化しているのが現状です。「小田急チケット10」では【表紙】の携行がどれほど求められるのでしょうか。

 

交通系ICカードの利用が浸透し、券売機できっぷを買ってから乗ること自体が珍しくなっている地域もあるなか、底堅い利用数がある(であろう)回数券の改編に踏み切った小田急電鉄の決定は磁気券離れを加速させてしまうのか、はたまた割安に10回分のきっぷが手に入る、という分かりやすさと割安感が評価されるのか、他社が追随するかも含め気になるところです。

上田電鉄 城下駅と7200系

北陸新幹線しなの鉄道が通る上田駅から別所温泉駅までを結ぶ上田電鉄 別所線。

分岐していた路線の廃止や、「上田丸子電鉄」「上田交通」など数回の社名変更を経て現在の路線長、社名に至っています。

自社発注車の特徴的な戸袋窓から「丸窓電車」の愛称で親しまれている別所線ですが、2019年9月の台風19号により千曲川にかかる鉄橋が流出したため、現在は上田-城下間はバス代行、鉄道輸送は城下-別所温泉区間運転となっています。

台風被害からの復興に向けて取り組んでいる上田電鉄。2021年の運転再開を見込んでいるとのことです。

 

f:id:goronto_akebono:20200104235919j:plain

手持ちのきっぷを探してみたところ、城下駅の印字があるものが1枚ありました

ちょうど現在行われている区間運転の部分に相当する普通乗車券です。おそらく数年前の日比谷公園で開かれた鉄道フェスティバルで購入した使用済み券の中に含まれていたものと思われます。

消費増税の影響を受け、「運賃変更」「540円」がそれぞれ押印されています。

 

現在は元 東急1000系譲受した1000系/6000系で車種が統一されている上田電鉄ですが、2018年までは「ダイヤモンドカット」と呼ばれた前面形状が特徴的な元 東急7200系が主力として活躍していました。

別所線からは全車引退してしまった7200系。しかし、別所線を走ったことのある車両が長野からは離れた豊橋で今も元気に走っています。

f:id:goronto_akebono:20200105000533j:plain

 豊橋鉄道2810F。この編成の新豊橋方2両は上田電鉄での走行経験のある車両です。豊橋鉄道の車庫火災にともなう車両焼失を補う目的で、豊橋鉄道が部品取りとして確保していた車両と上田電鉄からの譲渡車両とを組み合わせて生み出された編成のようです。

 

思いがけない(であろう)形で東急→上田→豊橋と走る場所を転々とした2両。もといた上田にいた仲間たちよりも長く走り続けることになるとは思っていなかったことでしょう。

 

上田電鉄豊橋鉄道をはじめ、全国各地、津々浦々へ譲渡されていった東急7000系列。譲渡先での活躍期間のほうが長い車両も現れ、東急1000系東京メトロ03系などの18m級車体を持つ、より新しい車両への置き換えも進んでいます。ステンレスカーのパイオニアたちの活躍もそろそろ終着駅が近いのかもしれません。

ホームライナー小田原

 近年は特急への統合などにより縮小傾向にあるライナー列車ですが、新宿駅を発着するものはいまだ現役です。それが「おはようライナー新宿」と「ホームライナー小田原」です。

 

2019年現在、充当される車両は「おはようライナー」では215系、251系。「ホームライナー小田原」では185系、251系です。215系185系東海道線系統の「湘南ライナー」でもおなじみの車両ですが、「スーパービュー踊り子」として主に活躍している251系がライナー列車として用いられるのはこの2列車のみです。

f:id:goronto_akebono:20191227210355j:plain

新宿での乗車方法は東海道系統の「湘南ライナー」と共通で、限定された乗車口のみドア扱いがあり、ドアの前に立つ駅係員にライナー券もしくは普通列車グリーン券を提示して検札を受けてから乗車します。

f:id:goronto_akebono:20191227205805j:plain

以前、ホームライナー小田原に乗車した際に使用した普通列車用グリーン券です。乗車時に押されたスタンパーが「東京車掌区」となっているところが他の「湘南新宿ライン」などとの差異と言えるでしょうか。この時に利用した185系200番台で「エクスプレス塗装」ともいわれるブロック塗装でした。

f:id:goronto_akebono:20191227210319j:plain

今では形式消滅すら予想される185系ですが、この時はまだまだのんびりとしていて、ほかの同業者の方々はほぼ見られませんでした。グリーン車もぽつぽつと利用者がいるだけで、ライナー料金に数百円追加することでよりのんびり、ゆったりとした時間を過ごすことが出来ました。

 

特急料金に比べて安価に特急型車両を利用できることから、引退のうわさが出始めた今は、日頃からの、常連さんともいえる利用者に加え、おなごり乗車を目的とした利用もあるかと思いますが、大きなトラブルなく毎日走り続けてくれればと思います。

 

東京駅から平日夕方に出発する「湘南ライナー」については、以前別記事として東京駅付近で発券される120mmマルス券と一緒に取り上げてみました。よろしければ併せてご覧ください。

 

goronto-akebono.hatenablog.com

 

 

 

小田急東京メトロパス

以前、東京メトロの一日乗車券(24時間券)を取り上げましたが、東京メトロと相互乗り入れしている一部の私鉄では私鉄の往復乗車券と東京メトロの1日乗車券がセットになった企画乗車券が発売されています。

goronto-akebono.hatenablog.com

そのうちの一つが小田急電鉄から発売されている「小田急東京メトロパス」です。発売駅から東京メトロ各線との接続駅までの往復乗車券+東京メトロ全線乗り降り自由というのは同じですが、他の私鉄で発売される「〇〇-東京メトロパス」と異なる点は、小田急小田原線の新宿-代々木上原も乗り降り自由となる点でしょうか。

 

f:id:goronto_akebono:20190710003631j:plain

小田急東京メトロパスの一例です。額面としては小田急の往復に加えて東京メトロの初乗り運賃(当時160円)を3回乗れば充分もとがとれる価格設定になっています。東京メトロ24時間券などと同様に、乗車券の提示で各種特典が受けられる「チカトク」プログラムにも対応しており、同等のサービスを受けることもできます。

 

認知度がいまいちな感があるのが難点ですが、小田急沿線から日帰りで都心部へ上京する際には便利なきっぷと言えると思います。

 

 

そして、先日、きっぷの整理をしていたところ、営団地下鉄時代の一日乗車券が発掘されました。全体的にカスレてしまっていますが、券面左のSマークが懐かしいですね。

f:id:goronto_akebono:20190710004244j:plain

ふるさと納税でノロッコ号に乗る

納税者が任意の自治体を選び、「寄付(納税)」することで「返礼品」としてその自治体に関係のある物品を受け取ることの出来る「ふるさと納税」。

その制度の仕組みやその功罪については様々な見解があるかと思いますが、その「ふるさと納税」の「返礼品」として列車に乗れるものを見つけたので、さっそく納税してみました。

その納税先は北海道釧路町。3万円の納税に対する「返礼品」は「くしろ湿原ノロッコ号」の釧路-釧路湿原の往復乗車券 + 指定席券とそれらきっぷ類を収める木製のホルダーです。金額にすると1780円(消費税8%時)+ホルダー代と、某国際空港近傍の自治体などに比べれば見劣りしますが、どんなきっぷになるのかも興味があったので納税に踏み切ることにしました。

f:id:goronto_akebono:20191124173652j:plain



インターネットの某ふるさと納税サイトで手続きを済ませると、バス事業も手掛けている釧路の「釧路衛星」から封書が届き、「くしろ湿原ノロッコ号」の乗車希望日などを書いて返送すると、書留郵便で「返礼品」であるきっぷたちが届きました。

そのきっぷの一部がこちら。

f:id:goronto_akebono:20191124163002j:plain

f:id:goronto_akebono:20191124163020j:plain

「釧路衛星」から連絡があったときは、旅行業も取り扱っていて、社内にマルス端末があるのかと早合点してしまっていましたが、発行元はツインクルプラザ釧路支店のようです。町からの業務を受託しているだけで旅行業はやっていないようですね。

地方自治体に対する寄付(納税)に対する返礼なので、何らかしらの払い戻し制限や、券面に特殊な表記があるのかと妙な期待を抱いてしまっていたのですが、なんのことはない現金購入のマルス券と相成りました。券面右下にある「〇H」がふるさと納税の証なのでしょうか。

f:id:goronto_akebono:20191124173622j:plain

運行開始30周年の記念ヘッドマークを掲げた「くしろ湿原ノロッコ号」への返礼品での乗車は終点の塘路ではなく途中駅 釧路湿原までですが、この釧路湿原駅から歩いて10分ほど砂利道を登ってたどり着く細岡展望台からの景色も絶景でした。

車窓から眺める釧路川釧路湿原の近影ものどかで心洗われますが、展望台からの景色はどこまでも拡がる湿原と青空を眺めることが出来、遠近両方の魅力を感じることの出来るバランスの取れた旅程なのかもしれません。「返礼品」をきっかけに初めて釧路湿原を訪れる観光客などにはぴったりかもしれません。