水島臨海鉄道 「エアートラベル」

 

 COVID-19感染症とそれに付随する各種感染拡大予防策としての移動抑制にともない、鉄道に限らず交通機関が被る影響は甚大です。その規模の総体すら、渦中にあっては把握できていないのが現状かもしれません。

鉄道会社もその大小を問わず、対応に苦慮しているところと思います。特に観光需要に収入の多くを頼る路線にとっては存亡の危機と言っても過言ではないのかもしれないな、と幾度もの危機を乗り越えてきた銚子電鉄の必死さから感じています。

 

さて、そんな状況下で岡山は倉敷の水島臨海鉄道が「GW 期間限定企画 エアートラベル」と題して、以前から倉敷駅で発売していた常備券4種類(190円、250円、330円、350円)を郵送販売しました。

まだ実際に訪れたことがない路線のきっぷを郵送で手に入れてしまっていいものか悩みましたが、一事が万事「常ならざる=非常時」、すこしでも役に立てればと思い、購入に踏み切り、郵便局へ現金書留の封筒を買い求めに行きました。

f:id:goronto_akebono:20200518230559j:plain

f:id:goronto_akebono:20200518230603j:plain

f:id:goronto_akebono:20200518230608j:plain
f:id:goronto_akebono:20200518221910j:plain

公式ホームページで募集を開始したところ、190円区間は売り切れになるほどの反響だったらしく、急遽増刷して対応したそうです。たまたま私の手元に届いた常備券たちはその増刷分の発送が開始された日でした。思いがけない記念品も同封されていて、思い切って購入してよかったなと思っています。

 

f:id:goronto_akebono:20200519235056j:plain

参考までにJR北海道 釧路駅発行の常備券、復路専用乗車券を再掲します。 

きっぷ自体はJR各社で見られる常備券の形式を踏襲しており、地紋は水島臨海鉄道の社章をあしらっていると思われます。四隅に配されたレールと思われるものが3つ並んだ文様は、「第三セクター鉄道」であることをあらわしているのでしょうか……。

「普通乗車券」の上部にあしらわれた四角囲いの「水」表記もなかなか粋なものに見えてきます。

 

サンライズ出雲に倉敷まで乗り、自社発注車のほかに千葉で活躍していたキハ30や37,38系も走る現地にも足を運びたいところですが、堂々と趣味を目的に外出できるようになるのはいつになるのやら…。

 

さて、GW限定だったはずの「エアートラベル」は、常備券の通販(郵送販売)が思いのほか好評だったことに味をしめたのか、むしろその規模が拡大され、(小児)補充式回数券や券売機で発売される普通乗車券、果ては(小児)団体券までラインナップに加わっています。なかなか実物を目にすることのない団体券が加わったことに加え、公式ページ(www.mizurin.co.jp/info_detail/index/261.html)の表現にファンへの暖かさを感じてしまい、ついつい現金書留の封筒に手が伸びてしまいそうです。

 

 

 

JR北海道 「乗車記念 使用済」

 旅行を終えたとき、有人改札へ寄り持ち帰りを申し出ると、多くの場合は快く了承してくれます。ただそれはあくまで窓口氏の善意で、きっぷ類は旅行終了後に回収されるのが原則です。そこに文句をつける筋合いは利用者である我々にはないのではと個人的に思っています。

f:id:goronto_akebono:20200410000845j:plain

さて、その持ち帰りの際、そのままどうぞという時もありますが、磁気情報を無効にしたり、券面に「無効」や「使用済」と捺印したりすることもあります。多くの駅では「乗車記念 使用済」であったり「無効 〇〇駅」といったシンプルな印影なことが多いですが、駅によってはオリジナルの無効印を用意していることもあり、思いがけないところでオリジナル作品に遭遇するのもきっぷ趣味における出会いの一つなのかもしれません。

f:id:goronto_akebono:20200405163758j:plain

そんな無効印、乗車記念印。JR北海道の場合は北海道の形の左上に「乗車記念」と記された共通の印影を採用しているようです。しかし、この共通であるはずの記念印のなかで、上に示す、網走で押してもらったこの印影だけはほかの印影とは異なっていることに最近気づきました。

 

f:id:goronto_akebono:20200405164028j:plain

手元にあるほかのきっぷから記念印部分のみ切り出してみた比較画像です。「乗車記念」の部分が反転しています。この違いが生まれた理由は定かではありませんが、網走駅で捺印されたこの1つの後にも先にも、後者の印影にしか出会えておらず、いつか幻の記念印と再会できたらと思っています。f:id:goronto_akebono:20200410001651j:plain

 必死の経営努力が続くJR北海道。列車の減便や駅の廃止だけではなく、ここ数年は快速「エアポート」の増発やキハ261系の着実な増備など未来に向けた前向きな取り組みも形になってきています。網走-釧路間も輸送密度などから考えれば存続が危ぶまれる区間と言え、今後、地元の自治体などと存廃について議論があるかもしれません。

 

急行「中山道トレイン」

 「中央東線」、「中央西線」と分けて呼ばれることもある中央本線塩尻以西の「中央西線」と呼ばれる部分は基本的には旧中山道に沿う形で敷設されています。旧街道沿いということは、かつての宿場町にも当然沿うことになり、今回取り上げる臨時急行「中山道トレイン」が発着する奈良井駅周辺はその雰囲気が非常に強く残っている場所です。

f:id:goronto_akebono:20200402235623j:plain

かつては117系371系383系が充当され、形式が変わることに合わせて列車名も多少変化してきましたが、ここ数年は急行「中山道トレイン」として中央西線における秋の名物として定着しつつあるようで、充当される車両もここ数年は連続して373系が登板し、専用のヘッドマークも用意されています。

f:id:goronto_akebono:20200402235906j:plain

乗車時間がぴったり3時間なことに今更気づきましたが、今はこの「中山道トレイン」や「飯田線秘境駅号」などの臨時列車でしか見ることの出来ない「急行券」です。名古屋から東海道新幹線に乗り継いだため、乗継割引が適応され急行料金が半額になっています。

わざわざ「急行」という種別を持ち出したのは、特急料金を適応するほどの速達性はないけれど、指定券のみで乗車できる快速列車の指定席よりは格上にしたいという思いによるのでしょうか。それとも青春18きっぷに代表される各種乗り放題きっぷの利用者に占拠されることを嫌がったのでしょうか。

個人的には急行券に「乗継」の表示を見ると「はまなす」を思い出します。

f:id:goronto_akebono:20200403000036j:plain

乗車日は文字通り「雲一つない」青空で、色付き始めた木々を眺めながら気持ちよく散策できました。

また、奈良井駅降りてすぐの裏手に木曽森林鉄道の保存車両があります。また、機会を見て取り上げてみたいと思います。

 

f:id:goronto_akebono:20200402235928j:plain

ところで、急行券にも押印されているこのチケッター。奈良井駅入場時に押されたのですがよく見ると上には「(海)海鉄事」の印字が。どうやら「東海鉄道事業本部」の略のようですが、真偽のほどは…?

JR東海の窓口で18きっぷの入鋏を受けたことがあまりないので、詳しくは分かりませんが、JR東海の各駅で入鋏されるとこの印影になるのでしょうか?