復路専用乗車券 (JR北海道 釧路駅)

 「復路専用乗車券」は利用者が所持している乗車券の経路からはみ出す形で分岐し、折り返して分岐駅まで往復する場合に発売される乗車券です。

手元のJR時刻表では「分岐駅を通過する列車に乗車する場合の特例」に明記されている駅で下車する際が発券の条件かと思います。

 

国鉄時代には様々な駅で発売されていたようですが、現在ではJR北海道の釧路、苫小牧など、ごく限られた駅でしか発売されていないようです。JR東海名古屋駅での名古屋-金山の復路専用乗車券は前出しマルス券に変更になったとの話も聞きます。

 

f:id:goronto_akebono:20200119004206j:plain

釧路駅発行 釧路-東釧路 の復路専用乗車券です。発行年月日以外はすべて印字されている常備券での発売でした。 

f:id:goronto_akebono:20200119004233j:plain

2019年10月の消費増税直前に(夏休みをほぼ費やして)総販入場券とご当地入場券を買い求める旅に出た際に再度購入した復路専用乗車券です。

額面などは変化ありませんが、発行年月日が元号表記から西暦表記へと変更されています。

 

いずれの購入時も窓口で復路専用乗車券の趣味購入を申し出たところ、他に利用客がいないタイミングだったことも幸いしたのか、快く発見に応じてくださいました。

f:id:goronto_akebono:20200202183204j:plain

 簡易委託駅などではない、ターミナル駅で常備券を購入できるのは珍しいと思われますが、実利用が多くあるともなかなか考えにくく、末永く発売されることを願うばかりです。